基本操作

Visolve for Mac OS X

スクリーンショット
起動時のウインドウ
Visolve Deflector を起動すると、中心部分が透過したフレームウインドウが表示されます。 基本的な操作の流れは、以下のようになります。
  1. イメージの取得
    ウインドウの透過部分がスクリーンの取り込みたい箇所に合うようにウインドウを移動またはリサイズした後、メニューによりイメージを取り込みます。 イメージを取り込むと、ウインドウ下部のステータスバーの左端の表示が「未取込」から「取込済」に変わり、「変換」メニューが選択可能な状態になります。
  2. 色変換などの適用
    「変換」メニューの中の「赤-緑変換」、「青-黄変換」、「彩度拡張変換」、4種類の「フィルター」、および「ハッチング」の中のいずれか1つを選択すると、対応する変換がウインド内のイメージに適用されます。
  3. イメージのクリア
    メニューまたはショートカットキーにより、ウインドウ内のイメージをクリアできます。 クリアすると、起動時の状態に戻ります。
ページの先頭へ
©2013 Ryobi System Solutions.