Visolve色覚補助ソフトウエア for iPhone 

両備システムソリューションズのホームへ

スクリーンショット
メインメニュー
カメラで撮影した写真、アルバムに保存しているイメージ、または指定したウェブページに対し、PC版Visolveと同様の色変換、フィルタリング、およびハッチングを実行できます。 普段の生活の中で見づらいと感じる景色、標識、看板などを、その場で撮影して見やすく変換などすることができます。 (※Visolve RT for iPhoneはビデオプレビュー画像をリアルタイムに変換します。)

また、Visolve for iPhoneには、色覚異常の人々の見え方をシミュレーションする機能も組み込まれています。 これにより、色覚異常ではない人々が、標識や看板などの色のユニバーサルデザインをチェックできます。

右のスクリーンショットは、Visolve for iPhone 起動時に表示されるメインメニューです。 このメニューから、カメラの起動、写真アルバムからの画像の選択、およびウェブページの指定が行えます。 また、変換度合い、変換オプション、およびアプリケーションの動作の設定を行うための設定ビューを表示させることもできます。

Visolve for iPhoneを使っている様子を撮影したビデオをご覧いただけます。

動作環境: iOS 5.1 以上
対応言語: 日本語/英語
(iPhone/iPad対応ユニバーサルアプリ)

Visolve for iPhone のスクリーンショット(クリックすると拡大します)
ページの先頭へ
メールでお問い合わせ(メールに記載された情報は、お問い合わせへのご回答以外の目的では使用いたしません。)
©2013 Ryobi System Solutions.