RAKUNOWA - 診療システム

システム概要

家畜の診療情報を管理するシステムです。診断書の入力が主な機能になります。

従来の課題をすべて解決

現状の課題

診察内容を紙で管理すると…

  • 記入漏れの確認や、診察経過の把握が難しい。
  • 過去の診療内容を探すのは大変。
  • 薬品名・症状など、限られた診療時間で手書きするのは手間がかかる。

導入による効果

得意先元帳画面で、対象農家の売買金額や入金額、及び未収金額を確認できます。

  • データを入力することで、診断書が作成できます。
  • 一目で日ごとの診察履歴を確認でき、作業のミスを防ぎます。
  • 過去の診療内容もデータとして管理し、スムーズに検索することができます。
  • 決まった文言は、入力しなくてもサブ画面で項目を選び、クリックするだけでカルテに反映できます。
診療システム画像1-1 診療システム画像1-2 診療システム画像1-3

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

診察代を乳代から差し引きたい。

導入による効果

乳代精算システムと連携することで、診察料を自動的に乳代精算します。共済連への請求金額も管理できます。

現状の課題

診察現場で診断書の編集を行いたい。

導入による効果

診療システムはスタンドアロンのシステムです。ノートパソコンでシステムを持ち運び、現場で診察内容の入力ができます。入力した内容は、乳代精算システムと連携することで乳代精算可能です。

ページ先頭へ戻る