RAKUNOWA - 購買システム

システム概要

牛への飼料の売買と、発生する金銭の管理を行うシステムです。

従来の課題をすべて解決

現状の課題

飼料や物品の売買を伝票で管理しきれない。

導入による効果

売上・仕入伝票のスムーズな入力をサポートし、入力から請求・支払まで、一貫した管理が可能になります。

農家と業者との直接取引も、帳合機能を使うことで料金だけシステムで精算することができます。乾草飼料はコンテナ毎で個別管理する事もできます。

購買システム画像1-1 購買システム画像1-2

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

現在庫を実際に倉庫に確認しにいくのは大変。今いくつ在庫が残っているのか簡単に確認したい。

導入による効果

売上・仕入画面では、入出庫対象の倉庫状況を確認しながら伝票を入力することができます。

購買システム画像2-1 購買システム画像2-2 購買システム画像2-3

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

お金に関する取引を、もっと簡単に管理したい。

導入による効果

未収・未払の情報を検索画面や帳票に出力することができ、貰い忘れ、払い忘れといったミスを防ぎます。また、未収金、未払金を簡単に把握できます。

現状の課題

農家への請求金額を、乳代金から引き落としたい。

導入による効果

農家への請求を、毎月発生する乳代金で精算することができます。万一不足した場合も、不足分は次月以降の精算に持ち越したり、柔軟な対応が可能。

購買システム画像4

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

実際の在庫数と記録している在庫数が違う…原因不明の在庫差異が頻発する。

導入による効果

在庫を倉庫ごとに管理、それぞれ入出庫の履歴を参照できます。在庫数の調整も、棚卸入力画面でらくらく。

また、不足が出るような出庫を防ぐようにすることも可能であり、より確実な在庫管理を行うことができます。

購買システム画像5-1 購買システム画像5-2

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

ページ先頭へ戻る