RAKUNOWA - 貸付リースシステム

システム概要

証書貸付、リース(畜環リース・近代化リース)の情報を一元管理できるシステムです。

従来の課題をすべて解決

現状の課題

証書の作成・管理が煩雑。

導入による効果

証書作成に必要な基本情報を入力するだけで、償還予定が自動的に作成されます。

電卓を叩いて複雑な利息計算をする必要もありません。また、データとして一元管理されているため、容易に検索ができ、現状の把握もラクにできます。

貸付リースシステム画像1-1 貸付リースシステム画像1-2 貸付リースシステム画像1-2

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

農家からの問い合わせへの対応や、農家への報告を楽にしたい。

導入による効果

償還予定と実績が記載された「償還年次表」をサポート。農家は一目で現状の把握ができます。

貸付リースシステム画像2

※拡大した画像を別ウィンドウで表示します。

現状の課題

毎月の償還入力の負担を減らしたい。

導入による効果

乳代精算サブシステムと連動して、毎月の償還予定を乳代精算します。

ページ先頭へ戻る