おかやま酪農業協同組合RAKUNOWA 導入事例

おかやま酪農業協同組合様の声

おかやま酪農業協同組合様は、平成14年4月1日に旧ホクラク農協、旭東酪農、瀬戸内酪農、水島酪農と合併しました。

合併時にシステムについては、当初ホクラク農協で使用していたシステムを利用し運用しておりましたが以下のような問題が発生し、非常に困っておりました。

  • 売上・仕入について二重入力を行う必要があり、事務効率が悪い
  • 各拠点の売上・仕入などの情報が別々に管理されて、リアルタイムに修正及び検索できない。
  • 割賦未収・飼料安定基金等のデータが乳代精算と連動されていない。

これらの問題について、一つ一つヒアリングを行いお互い協力し今回の酪農販売システムを構築しました。構築後は、売上~請求までの一元管理・乳代精算のスムーズな連携・二重入力の廃止等様々な機能を使うことで、本当に便利になりました。

また、平成21年4月より、新たに販売サブシステム機能を追加する事により、酪農組合の業務効率がさらに向上しました。事務作業がすべて一元化できることにより、酪農家に向けた支援に時間を裂くことができるようになり、非常に友好的で効率的な、組合運営ができるようになりました。

ページ先頭へ戻る