情報セキュリティ基本方針
ISMS basic policy

基本理念

 当社の経営はお客様との信頼関係の上に成り立つと共に、コンピュータシステムの設計・開発、コンピュータ機器の販売などのIT関連業務を展開しており、特に情報セキュリティの必要性が高い業種と言えます。従って当社の情報セキュリティへの取組は国際水準の安全性を確保し、当社の情報資産等を不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の脅威から保護し、お客様の信頼を維持しなければなりません。この基本的な認識のもと、ISO/IEC27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(以下『ISMS』という。)を確立し、運用していくために、情報セキュリティ基本方針を策定し、全従業員が一丸となって推進してまいります。

目的

 当社は、情報セキュリティを運営管理し、様々な脅威からお客様並びに弊社の情報資産を保護し、お客様の信頼に応えます。

基本方針

1 対象範囲
当社の管理下にある、すべての業務に関わる情報資産を保護対象とします。
2 資産の管理
情報資産の分類及び管理全ての主要な情報資産を明らかにし、その重要度に応じて分類し、適切な保護を実施します。
3 人的セキュリティ対策
情報資産にアクセスする従業員の情報セキュリティに関する権限や責任を明確にし、全従業員に情報セキュリティポリシーの内容を周知徹底します。
4 物理的及び環境的セキュリティ対策
装置のセキュリティを保ち、情報資産を不正なアクセスから保護するため、設備管理、入退室管理を実施します。
5 通信及び運用管理
情報交換を行うためセキュリティを保った通信の管理、ネットワークやシステム等の運用管理を適切に実施します。
6 アクセス制御
機密情報や個人情報は、適切な保護対策を講じ、不正アクセス、改ざん、漏洩、破壊などから保護します。
7 情報システムの取得、開発及び保守
情報システムへのセキュリティ要求事項を明確にし、組み込みを実施します。
8 情報セキュリティインシデント管理
セキュリティ事件・事故、あるいはセキュリティの弱点を管理します。
9 事業継続管理
情報システムの重大な障害、又は災害から業務を保護、あるいは速やかに復旧します。
10 適合性
関連法規、利害関係者からの要求事項及び情報セキュリティに関する社内規程・基準を明確にし、順守します。
11 罰則
情報セキュリティポリシーに違反したものに対しては、罰則に従い処置します。
12 見直し
当社は、経営環境の変化、社会環境や法規制の変化、情報関連技術の最新動向、および新たに発見されたリスクに照らし合わせて、情報セキュリティ基本方針の適宜見直しを行い、継続的な改善を行います。
 
最終改定年月日 2014年3月31日
制定年月日 2004年12月1日
株式会社 両備システムソリューションズ
代表取締役社長 松田 久
情報セキュリティに関するお問合せは
株式会社 両備システムソリューションズ 個人情報保護問合せ窓口担当まで
TEL : 086-200-0700 
Copyright © 2012 RYOBI SYSTEM SOLUTIONS. All Rights Reserved.