【報告・御礼】厚生労働省 『見える』安全活動コンクール の優良事例に選考

標記コンクールの投票が昨年12月から1月末まで行われ、弊社の取組
みが優良事例として選考されました。

投票にご協力いただきました方々に、ご報告ならびに御礼を申し上げます。 誠にありがとうございました。 健康経営に関して、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。
平成30年度「『見える』安全活動コンクール」の結果発表

概略
 1.総評
  今年度で8回目を迎え、応募数は402件となった。
  バランスボールによる健康確保など、これまでのコンクールではみられなかった
  事例が応募されたことも有意義であった。
 2.優良な事例について
  類型ごとに、創意工夫が認められた事例、簡易な取組であるが効果的であると評価
  された事例等、優良な63の事例を選考した。
  弊社は、通勤、仕事中の健康づくりや運動の「見える化」(6事例)に応募しました。

取組みご紹介:「健康を実行できるオフィス空間」

  バランスボールに座ってデスクワーク、トランポリンで気分転換、オフィスエクサ
  サイズで体ほぐし、緑視率が10%〜15%のオフィス空間随所で「健康」を仕掛け、
  「健康」を意識する仕組みを創造しています。

  【PR内容】
   健康経営を「利益を生むための先行投資」と捉え、健康を意識した職場環境や
   風土づくりに継続して取り組んでいます。
   また、社員提案制度で社員の意見聴取をすることで、誰もが当事者意識を持って
   改善活動を行います。 


「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」に認定

2019年2月21日 経済産業省から、
「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」に認定

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度である、「健康経営優良法人」として当社が認定されました。
本制度は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。
規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ認定しており、当社は「中小規模法人部門」での認定となります。


健康経営優良法人2019

「スポーツエールカンパニー」認定

2018年12月20日 スポーツ庁から「スポーツエールカンパニー」
更新認定

社員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取組を実施する企業を「スポーツエールカンパニー」として認定。企業の取組みを広く周知することで他企業への横展開を促し、ビジネスパーソンのスポーツ実施率の向上を目指すとともに、 従業員の健康管理を考え戦略的に取り組んいる企業の社会的評価の向上を図る。

 

平成30年度「スポーツエールカンパニー」として347社が認定
スポーツ庁のホームページに、認定企業の主な取組例として、弊社の取組みが紹介されています  スポーツ庁のページへ



第7回 健康寿命をのばそう! アワード受賞


2018年11月19日 厚生労働省・スポーツ庁 第7回 健康寿命をのばそう!アワード
「生活習慣病予防分野」で、

「厚生労働省 健康局長 企業部門 優秀賞」を受賞

 
この表彰は、企業、団体、自治体等において「スマート・ライフ・プロジェクト」が掲げる4つのテーマ(適度な運動・適切な食生活、禁煙、健診・検診の受診)を中心に、 健康増進・生活習慣病予防への貢献に資する優れた啓発活動・取組の奨励・普及を図ることが目的としています。

 

応募総数73件の中から21件が表彰

11月19日、厚生労働省で行われた表彰式
前列右から2人目:宇都宮厚労省健康局長
前列右から3人目:鈴木スポーツ庁長官
後列左から5人目:井戸専務

 

健康が『見える』オフィス空間への取り組み


健康が『見える』オフィス空間へさまざまの取り組みを行っています。

■運動の場所と機会を提供

 

月1回のオフィスエクササイズ「おふぃえく」

スポーツインストラクターによる本格指導
 

「おふぃえく」の継続実施で、コミュニケーション活性化にもつながっている

 

バランスボールでデスクワークを行う

 

トランポリンで頭と気分を切り替え


■健康に配慮した仕掛け

 

緑視率(視界に占める緑・植物の割合)に注目し10~15%グリーンを配置

 

スタンドミーティングで時間短縮


■リフレッシュコーナー

 

BGMスピーカー、血圧計、体重計なども設置気軽にセルフメンテナンス

     

コーヒーメーカー、給茶機、ウォーターサーバーは、自由に使える。

自己啓発文庫で
頭の切り替え

■お手洗い
インテリアに馴染む個人ボックスを設置

■運用を維持するために

・社員提案制度(イントラによる意見聴取)

 トランポリン導入、リフレッシュルームのBGM、緑視率に配慮したオフィス緑化などを
 実施しています。

・衛生委員会

 管理職と従業員が月1で意見交換を行うことで、オフィス環境の改善をはかっています。

・維持運営チーム

 総務部を中心としたメンバーが日常のオフィス環境維持を行っています。

 ※社屋内の全体写真をご覧になる場合は、こちらから


第1回 おかやま健康づくりアワード受賞

「おかやま健康づくりアワード2018」受賞

健康康づくりに積極的な企業や団体を表彰する「おかやま健康づくりアワード」が初めて開催され、当社が「職場部門」で受賞しました。

表彰式では、社内の完全禁煙などに取り組んでいる会社の「職場部門」(応募27社)と、健康相談を百貨店で毎週開くなどしている団体の「地域部門」(同55団体)から選ばれた各5社・団体が、知事から表彰状とトロフィーを受け取りました。

 

【受賞理由】

  • オフィスエクササイズを実施することで、継続的な健康習慣づくりを促進し、バランスボールの使用など、就業中でもできる簡易な体操を推奨している。
  • 月1回の禁煙デー、禁煙コンテストの実施、禁煙外来の費用補助などの禁煙対策をしている

  •  

    ■知事と一緒に生き活きトーク

    おかやま健康づくりアワード2018(職場部門)の受賞企業代表者による岡山県知事とのトークで、「心と体の健康づくり」意見交換会が開催されました。


    岡山市「White+(ホワイトプラス)」企業として紹介


    従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」及び従業員一人ひとりの仕事と生活の調和を図る「ワークライフバランス」の両方を積極的に推進する企業を、「White+(ホワイトプラス)」企業」として表彰する制度です。

     

     

     

    Copyright © 2012 RYOBI SYSTEM SOLUTIONS. All Rights Reserved.