事例紹介
Example Introduction

FAX伝票の手入力作業を大幅軽減

FAX-OCR受注システム

[通信、情報、教育、マスコミ/発注、仕入れ]

概要

FAXにより送られてくる伝票を受信し、記入された文字(手書きもOK)を自動的に読み取ることにより、受注処理のスピードUPを実現!

 

システム概要―

手書き受注伝票をFAX-OCRシステムにて自動受信し受注データをDBへ登録後、受注業務システムへデータ連携。また、FAX受信した受注伝票のイメージデータを電子ファイリングし問合せ対応を行う。

 

 

 

課題

インターネットや携帯端末を利用したオンラインサービスの普及により、昨今ではデータ入力が簡単にできるようになりました。しかし、今日においても業務の現場ではまだまだ手軽なFAXを使った受発注が行われています。FAXにより送られてくる紙媒体の情報を電子情報に変換するため、入力作業に多大な時間とコストがかかってしまっていた。

導入効果

・ OCRの活用による入力作業の省力化と入力ミスの防止に繋がった。

・ 受信伝票枚数の自動チェックと受信レポートの自動返信により、受注処理のスピードUPを実現。

・ 入力票を電子化することによる管理作業の効率化を実現。

・ OCR処理したテキストデータと、FAX受信したイメージデータをサーバへ格納し検索できるため、
   問い合わせ対応がスムーズに行なえるようになった。

導入・活用例


受発注業務
人材派遣業
通信/放送
健康保険組合
システムサポート
運送業
受付業務
医療機関
発注書・注文書
派遣スタッフの勤務管理表入力
視聴者モニターのアンケート集計
健康診断問診票
サポート対応履歴のデータベース化
作業日報入力・貸物送り状
申込書・願書
問診表・臨床検査報告書
 
 
Copyright © 2012 RYOBI SYSTEM SOLUTIONS. All Rights Reserved.