データセンターソリューション
Data center Solution

シーン別ご利用例
Cloud Solution Service

IDCへの移行を検討されているお客様


IDCをご利用頂く際には、まずハードウェア・ソフトウェアの選定・購入及びセットアップが必要になり、運用開始までに1ヶ月以上期間を要する場合がある上、多額の初期投資も必要になります。 「両備プラットフォームサービス」の場合、両備側で既に構築している環境にお客様のシステムを搭載するだけで、短期間で運用を開始でき、初期投資を抑えることができます。 すぐに運用開始したい、サーバを固定資産にしたくない、ハードウェアの選定が面倒、ハードウェアの選定方法が分からない、先立つ予算が無い…というお客様に最適なサービスです。

ハードウェアリプレースを検討されているお客様

ハードウェアには、5年程度のメーカーサポート期間が設けられていますので、定期的なリプレースとこれに伴う投資が必要になります。 「両備プラットフォームサービス」の場合、お客様はハードウェアのメーカーサポート期間を気にすることなく、毎月の利用料だけでサーバ環境をご利用頂くことができます。 ハードウェア投資を抑えたい、定期的なハードウェアリプレースが面倒…というお客様に最適なサービスです。

サーバ運用を検討されているお客様

サーバ運用を始める場合、サーバを安定稼動させる為に耐震設備や冗長電源、空調設備、消火設備などを整備し、更に、セキュリティを考慮した環境や体制も整える必要があります。 「両備プラットフォームサービス」の場合、堅牢なファシリティやセキュアな環境、 24時間365日の監視体制などが整った両備IDCがベースとなっておりますので、サーバを取り巻く環境整備の為に新たな投資をする必要はありません。また、IT資源を集約することにより、サーバ運用に掛かる人・電気の分散を無くし、グリーンITを実現できます。 可用性の高い運用をしたい、サーバの為だけに環境整備をするのは困難、サーバ運用の初期投資を抑えたい、地球環境を考えたサーバ運用をしたい、サーバ環境を必要な時だけ使いたい…というお客様に最適なサービスです。

新システムのテスト環境を構築されるお客様

新システムのテストを行なう場合、短期間の各種テストを行なう為にテスト用ハードウェアを購入し環境を構築されているケースがあります。 「両備プラットフォームサービス」の場合、使いたい時に使いたいだけサーバ環境をご利用頂くことができます。 無駄な投資を抑えたい、短期間だけサーバ環境を使用したい…というお客様に最適なサービスです。
Copyright © 2012 RYOBI SYSTEM SOLUTIONS. All Rights Reserved.